弁護士に相談

Pocket

弁護士B型肝炎の給付金の請求は当初平成29年1月12日までを期限として行われていました。しかし当初被害者の数は45万人ほどいると推測されていましたが、提訴者は期限が残り1年に迫った時点でもたったの3万人ほどにとどまっていました。そこで国は期限の延長を決めてB型肝炎の給付金支給の期限は5年間延長され平成34年1月12日まで延長されたのです。ですからこの給付金の対象者となる可能性のある人はなるべく早く行動を起こし正当な権利として給付金を請求する必要があるのです。実際に訴訟を起こすとなると全て自分の力でやるよりも弁護士に相談してことを進める方が賢明でしょう。

というのも近年弁護士事務所もB型肝炎の給付金請求に関して着手金をゼロにするなど、なるべく最初の段階で金銭的な負担がかからないように配慮してくれているところが多いのです。それでも実際に給付金が支給されることになれば弁護士事務所にとっても自分に利益を得ることができるので、煩雑な手続き等に煩わされることなくプロに仕事を依頼する方がスムーズに給付金請求ができるでしょう。まずはB型肝炎訴訟給付金請求でインターネットなどを使って弁護士事務所の情報を得るようにしましょう。