B型肝炎訴訟とは

Pocket

ひょんなことから健康診断を受けて自分がB型肝炎ウィルスに感染していることを知ったという人は少なくありません。また自分自身ではなく家族や親しい友人がB型肝炎に感染していることが発覚するということもあるはずです。このB型肝炎という病気に関しては特定の人たちに対しては国から給付金が支給される仕組みが作られています。なぜこうした給付金が支払われることになったのでしょうか。B型肝炎に感染していることを理由に給付金が受け取れる人は一様にB型肝炎訴訟というものを起こす必要があります。

注射わざわざ訴訟を起こしてまで給付金を受けるという事ですが、これはこの日本で昭和23年以降に幼少期に集団の予防接種を強制させられていた事に端を発しています。この時代の集団予防接種では注射器の連続使用によってかなりの人数がB型肝炎ウィルスに感染させられてしまったのです。こうした感染被害者は、その後国から何か救済を受けることもなく将来病気が発症するのではないかという不安や実際に慢性肝炎や肝硬変などの病気で苦しんできました。現在では訴訟を起こして自分が過去の集団予防接種が理由でB型肝炎に感染してしまったということを証明することによって国から給付金を支給してもらうことが可能になります。しかし実際過去の集団予防接種によってB型肝炎ウィルスに感染してしまった人、またそれらの人から母子感染によってB型肝炎ウィルスに感染してしまった人のうち、この救済処置をしっかりと活用できていない人も多いのです。