月別アーカイブ: 2017年12月

いつ給付金をもらえる?

Pocket

大変な思いをして訴訟を起こしても一体どれくらいの期間を経て給付金がもらえるのだろうと考えている人も少なくないでしょう。これは請求する人の状況によってもかなり幅が出てくるところで、一概にどれぐらいの期間で給付金が支払われますよという事は言えないものです。しかし多くの提訴した方の例を見てみると訴訟を起こしてから1年前後の期間を経て給付金が支払われる方が比較的多いようです。確かに長い時間がかかるというイメージがあるかもしれませんが、給付までの期間を短縮するために裁判で必要な書類を迅速に集めることによってスムーズに訴訟を進めることができます。

パソコン書類に不備があると1度の和解手続きで終わらずに裁判が長引いてしまうという可能性もあるので、書類はしっかりと揃えてなるべく短期間で和解手続きが終了するように努力したいものです。この書類集めだけでもかなり大変な作業になってきますので、不備がないようにしっかりと書類を集めるということだけを考えてもやはり弁護士にサポートしてもらいながら訴訟を進めた方が賢明だと言えるでしょう。弁護士事務所ごとに費用なども違いがあると思いますので、各事務所のホームページなどを参考にしてどこに依頼すればいいか見極めるようにしましょう。

弁護士に相談

Pocket

弁護士B型肝炎の給付金の請求は当初平成29年1月12日までを期限として行われていました。しかし当初被害者の数は45万人ほどいると推測されていましたが、提訴者は期限が残り1年に迫った時点でもたったの3万人ほどにとどまっていました。そこで国は期限の延長を決めてB型肝炎の給付金支給の期限は5年間延長され平成34年1月12日まで延長されたのです。ですからこの給付金の対象者となる可能性のある人はなるべく早く行動を起こし正当な権利として給付金を請求する必要があるのです。実際に訴訟を起こすとなると全て自分の力でやるよりも弁護士に相談してことを進める方が賢明でしょう。

というのも近年弁護士事務所もB型肝炎の給付金請求に関して着手金をゼロにするなど、なるべく最初の段階で金銭的な負担がかからないように配慮してくれているところが多いのです。それでも実際に給付金が支給されることになれば弁護士事務所にとっても自分に利益を得ることができるので、煩雑な手続き等に煩わされることなくプロに仕事を依頼する方がスムーズに給付金請求ができるでしょう。まずはB型肝炎訴訟給付金請求でインターネットなどを使って弁護士事務所の情報を得るようにしましょう。

B型肝炎訴訟とは

Pocket

ひょんなことから健康診断を受けて自分がB型肝炎ウィルスに感染していることを知ったという人は少なくありません。また自分自身ではなく家族や親しい友人がB型肝炎に感染していることが発覚するということもあるはずです。このB型肝炎という病気に関しては特定の人たちに対しては国から給付金が支給される仕組みが作られています。なぜこうした給付金が支払われることになったのでしょうか。B型肝炎に感染していることを理由に給付金が受け取れる人は一様にB型肝炎訴訟というものを起こす必要があります。

注射わざわざ訴訟を起こしてまで給付金を受けるという事ですが、これはこの日本で昭和23年以降に幼少期に集団の予防接種を強制させられていた事に端を発しています。この時代の集団予防接種では注射器の連続使用によってかなりの人数がB型肝炎ウィルスに感染させられてしまったのです。こうした感染被害者は、その後国から何か救済を受けることもなく将来病気が発症するのではないかという不安や実際に慢性肝炎や肝硬変などの病気で苦しんできました。現在では訴訟を起こして自分が過去の集団予防接種が理由でB型肝炎に感染してしまったということを証明することによって国から給付金を支給してもらうことが可能になります。しかし実際過去の集団予防接種によってB型肝炎ウィルスに感染してしまった人、またそれらの人から母子感染によってB型肝炎ウィルスに感染してしまった人のうち、この救済処置をしっかりと活用できていない人も多いのです。